麻雀

【麻雀】多面張の簡単な解き方を紹介【7枚形一覧も紹介】

多面張

 

悩む男性
麻雀の多面張(多面待ち)ってどんな種類があるの?簡単な解き方も教えてほしい

 

そんな悩みを解決します。
先生

 

本記事の内容

・多面張(多面待ち)とは

・3面待ち多面張【7枚形】

・4面待ち多面張【7枚形】

・5面待ち多面張【7枚形】

・2面待ち【7枚形】

・清一色の多面張を7枚形で解く手順

 

今回は麻雀で勝つために重要な知識の一つ、多面張(多面待ち)について解説していきます

 

多面張をわかるようになれば、手役の視野が広がります。

 

特に初心者の方は清一色などの待ちがわからなくなってしまいがちです。
先生

 

そんな難しい待ちも簡単にわかるようになる方法を解説していきます。

 

 

本記事を読み終えるころには難しい多面張をすぐに答えることができるようになりますよ

 

 

それではさっそく本題へいきましょう。

 

 

多面張(多面待ち)とは

疑問

 

まず多面張とはどんなものなのかを理解していきましょう。

 

多面張とは

・複合系の待ちで出来ている

・7枚形から構成されることが多い

一つずつ解説していきます。

 

複合系の待ちで出来ている

 

多面張とは基本の待ちが複合した形のことです

 

本来リャンメン待ちやシャボ待ちなど2種類の牌が絡むテンパイが理想系ですが、雀頭の変化などにより、基本の待ちが複合するときに発生する多面待ちのことです。

 

ちなみに基本の待ちとは下記の5つです。

 

麻雀の基本の待ち5つ

①タンキ待ち

②シャボ待ち

③リャンメン待ち

④カンチャン待ち

⑤ペンチャン待ち

 

そして下記の例が基本の待ちが複合した多面張です。

【例】

一萬二萬三萬一筒二筒三筒三索三索三索四索五索東東

何待ちかわかりますか?

 

正解は三索六索東待ちです

三索三索三索をアンコと考えた場合 雀頭東東 四索五索のリャンメン待ち

三索三索を雀頭と考えた場合 シュンツ三索四索五索 三索三索東東のシャボ待ち

 

上記の場合にはリャンメンとシャボの複合系多面張ということです

 

 

上記のように多面張を解くときには基本の待ちをしっかり理解しましょう。

 

基本の待ちを理解していないと点数を計算できなくなるよ
先生

 

 

7枚形から構成されることが多い

 

多面張のほとんどは7枚形から構成されます。

 

7枚形は一番実用的であり、多面張待ちを作りやすい形なのです

 

先ほど紹介した例のように[メンツ+メンツ+雀頭]の形をうまく利用することにより多面待ちが発生します。

 

[メンツ(3枚)+メンツ(3枚)+雀頭(2枚)の合計8枚]が完成形なので、そこから1枚引いた枚数が7枚形なのです。

 

 

当然[メンツ(3枚)+メンツ(3枚)+メンツ(3枚)+メンツ(3枚)+雀頭(2枚)]の九連宝燈のような変則的な多面ちゃんを作るのは可能ではありますが、7枚形をしっかり理解していれば応用が利きます。

 

7枚形を知っていれば、清一色の難しい形もすぐに解けるようになります。

 

解き方についても読み進めてくれればわかるようになりますよ。
先生

 

まずは7枚形の多面張を一つずつ解説していきますので覚えていきましょう!

 

3面待ちの7枚形

3

 

まずは3面待ちの形から解説していきます。

 

3面待ちの代表的な7枚形は下記の9種です。

 

3面待ちの7枚形

・6連形の真ん中対子

・7連形

・アンコ+シュンツの真ん中トイツ

・アンコ+1つ離れて4連形

・アンコ+1つ空いて数牌+1つ空いてアンコ

・アンコ+1つ空いてトイツ+リャンメン

・一盃口の真ん中アンコ

・シュンツの端アンコ+トイツ

・シュンツの端トイツもう片側カンツ

 

一つずつ解説していきます。

 

6連形の真ん中対子

【例】

三索四索五索六索六索七索八索

待ち牌三索六索九索待ち 合計3種9牌

【待ちの形】

単騎待ち三索六索

リャンメン待ち六索九索

 

上記のように6連の真ん中五索六索どちらかがトイツになった場合には多面張となります。

比較的発生する頻度の高い形なのでしっかり覚えておきましょう。

 

7連形

【例】

二索三索四索五索六索七索八索

待ち牌二索五索八索待ち 合計3種9牌

【待ちの形】

単騎待ち二索五索八索

 

数牌が7連続になっている形は多面張です。

タンキ待ち3種類の複合系です。

 

アンコ+シュンツの真ん中トイツ

【例】

三索三索三索四索五索五索六索

待ち牌四索五索七索待ち 合計3種9牌

【待ちの形】

タンキまたはカンチャン待ち五索

リャンメン待ち四索七索

 

わかりにくい形ではありますが、アンコにシュンツがくっつき、その真ん中がトイツになると多面張となります。

こちらも割と発生しやすいタンキとリャンメンの複合系多面張です。

 

アンコ+1つ離れて4連形

【例】

三索三索三索五索六索七索八索

待ち牌四索五索八索待ち 合計3種10牌

【待ちの形】

タンキ待ち五索八索

カンチャン待ち四索

 

アンコから一つ離れている4連形は多面張となります。

カンチャンを見逃してしまう可能性があるので、チョンボにならない為にもしっかり覚えておきましょう。

 

アンコ+1つ空いてトイツ+リャンメン

【例】

三索三索三索五索五索六索七索

待ち牌四索五索八索待ち 合計3種10牌

【待ちの形】

タンキ待ち五索

カンチャン待ち四索

リャンメン待ち五索八索

 

この形もカンチャン待ちを見落としやすいです。

しっかり形を覚えて間違えないようにしましょう。

 

アンコ+1つ空いて数牌+1つ空いてアンコ

【例】

三索三索三索五索七索七索七索

待ち牌四索五索六索待ち 合計3種11牌

【待ちの形】

タンキ待ち五索

カンチャン待ち四索六索

 

なかなか出ない形ではありますが、プロテストにはよく出ます笑

知識として覚えておきましょう。

 

一盃口の真ん中アンコ

【例】

三索三索四索四索四索五索五索

待ち牌三索四索五索待ち 合計3種5牌

【待ちの形】

タンキ待ち四索

カンチャン待ち四索

シャボ待ち三索五索

 

上記の場合四索を一盃口を確定させたタンキ待ちと、四索四索を雀頭として、一盃口のカンチャン待ちにもできる特殊な複合型です。

なかなか出る形ではありませんが、こちらプロテストによくでます。

知識として覚えておきましょう。

 

シュンツの端アンコ+トイツ

【例】

三索三索三索四索五索北北

待ち牌三索六索北待ち 合計3種7牌

【待ちの形】

リャンメン待ち三索六索

シャボ待ち三索北

 

最初の例題で出した形です。

一番発生しやすい複合系なので、しっかり理解しておきましょう。

 

シュンツの端トイツもう片側カンツ

【例】

三索三索四索五索五索五索五索

待ち牌三索四索六索待ち 合計3種9牌

【待ちの形】

タンキ待ち三索

リャンメン待ち三索六索

カンチャン待ち四索

 

カンツが出てくるとわかりにくくなりますが、基本は同じです。

タンキ+リャンメン+カンチャン複合系の多面張になるのでしっかり把握しておきましょう。

 

 

4面待ちの7枚形

4

 

4面待ち多面張は下記の4つです。

 

4面待ち多面張

・5連形の1つ内側がアンコ

・シュンツの内と端がアンコ

・シュンツの端からアンコトイツトイツ

・4連形の片側からアンコトイツ

・シュンツの真ん中カンツと片側トイツ

・4連形の内側片方カンツ

 

一つずつ解説していきます。

 

5連形の1つ内側がアンコ

【例】

三索四索五索六索六索六索七索

待ち牌二索五索七索八索待ち 合計4種14牌

【待ちの形】

タンキ待ち七索

リャンメン待ち二索五索五索八索

 

目指すべき形の一つです。

この形が仕上がれば、残り14枚からあがることができます

アンコとシュンツがくっついた時には常に意識するべき形です。

 

シュンツの内と端がアンコ

【例】

三索三索三索四索四索四索五索

待ち牌三索四索五索六索待ち 合計4種9牌

【待ちの形】

タンキ待ち五索

リャンメン待ち三索六索

シャボ待ち三索四索

カンチャン待ち四索

 

タンキ・リャンメン・シャボ・カンチャンと多くの複合系多面張です。

しかし手牌で多くのあがり牌を使っている為、待ち牌は9枚しかありません。

 

多面張の中でも発生頻度がすくないです。

プロテストではよく出る形なので知識として覚えておきましょう。

 

シュンツの端からアンコトイツトイツ

【例】

三索三索三索四索四索五索五索

待ち牌三索四索五索六索待ち 合計4種9牌

【待ちの形】

タンキ待ち三索

リャンメン待ち三索六索

シャボ待ち四索五索

 

一盃口のひとつくっついた形なので、発生頻度もそこそこ高いので覚えておきましょう。

自分で待ち牌を多く使っている為、4面待ちなのに9枚しか待ち牌が無いのがネックの形です。

 

4連形の端からアンコトイツ

【例】

三索三索三索四索四索五索六索

待ち牌二索四索五索七索待ち 合計4種17牌

【待ちの形】

タンキ待ち四索

リャンメン待ち四索七索二索五索

カンチャン待ち五索

 

この形は発生しやすく、とても優秀な待ちです。

必ず覚えておくべき7枚形ですよ。

 

シュンツの真ん中カンツと片側トイツ

【例】

三索三索四索四索四索四索五索

待ち牌二索三索五索六索待ち 合計4種9牌

【待ちの形】

タンキ待ち三索

リャンメン待ち二索五索三索六索

 

カンツを含みと多面張になりやすいです。

雀頭や刻子として扱うことができるからです。

待ちを見逃さないようにしましょう。

 

4連形の内側片方カンツ

【例】

三索四索四索四索四索五索六索

待ち牌二索三索五索六索待ち 合計4種9牌

【待ちの形】

タンキ待ち三索六索

リャンメン待ち二索五索

 

こちらも同じくカンツを利用した多面張です。

カンツができた場合には、常に多面待ちを意識しましょう。

 

5面待ちの7枚形

5

 

5面待ちの多面張は下記の2種類です。

 

5面待ち多面張

・5連形の端がアンコ

・シュンツの端と端がアンコ

 

一つずつ解説していきます。

 

5連形の端がアンコ

【例】

三索三索三索四索五索六索七索

待ち牌二索四索五索七索八索待ち 合計5種17牌

【待ちの形】

タンキ待ち七索

リャンメン待ち二索五索五索八索

 

絶対に覚えておくべき多面張です。

形も作りやすく、待ち牌が17枚もあります。

7枚形の中で最も良い形です

必ず覚えておきましょう。

 

シュンツの端と端がアンコ

【例】

三索三索三索四索五索五索五索

待ち牌二索三索四索五索六索待ち 合計5種13牌

【待ちの形】

タンキ待ち四索

リャンメン待ち二索五索三索六索

シャボ待ち三索五索

 

こちらはなかなか出る形ではありませんが、プロテストでは頻発します。

知識として覚えておくとよいでしょう。

 

2面待ちの7枚形

2

 

多面張と言うわけではありませんが、7枚型の2面待ちを紹介します。

理由としては、多面待ちに見えるけどただの2面待ちであったり、気づきにくい部分があるからです

 

よく発生する形でもあるので下記の3つだけでも覚えておきましょう。

 

2面待ちの7枚形

・四連形の真ん中アンコとトイツ

・4連形+一盃口

・4連形の端アンコに1つ空けて数牌

 

一つずつ解説していきます。

 

四連形の真ん中アンコとトイツ

【例】

三索四索四索五索五索五索六索

待ち牌二索五索待ち 合計2種5牌

【待ちの形】

タンキ待ち五索

リャンメン待ち二索五索

 

上記の形は頻発します。そのうえ待ちが悪いです。

複合系で待ちが多くありそうに見えるのですが、実際にはただの2種だけなのです。

惑わされる形なので、悪い意味でも覚えておくとよいでしょう。

 

4連形+一盃口

【例】

三索四索四索五索五索六索六索

待ち牌三索六索待ち 合計2種5牌

【待ちの形】

タンキ待ち三索六索

リャンメン待ち三索六索

 

キレイな形ではありますが、待ちは悪いです。

タンキとリャンメンの複合ではありますがモロ被りしています。

変化がしやすい形ではあるので、途中の形としては良いですが、最終の待ちとしては悪い形です。

 

4連形の端アンコに1つ空けて数牌

【例】

三索三索三索四索五索六索八索

待ち牌七索八索待ち 合計2種7牌

【待ちの形】

タンキ待ち八索

カンチャン待ち七索

 

2面待ちではあるのですが、初心者の方は特に見逃しやすいです。

スジ違いの2面待ちなので読まれにくく、あがりやすいのも特徴です。

覚えておきましょう。

 

 

清一色の多面張を7枚形で解く手順

 

紹介した7枚形を利用した清一色の待ちを解く手順を解説します。

7枚形をしっかり覚えていれば、難しい多面張でも下記の手順ですぐに解けるようになりますよ。

 

清一色の待ちを7枚形で解く3STEP

STEP1:メンツを2つ抜き取る

STEP2:7枚形をあてはめる

STEP3:STEP1とSTEP2を繰り返す

STEP4:注意点

 

一つずつ手順を解説していきます。

 

STEP1:メンツを二つ抜き取る

 

まずはメンツを2つ抜き出し、7枚形にします。

メンツを抜いているだけなので、その7枚形は清一色の待ち牌として成立しているからです。

 

下記の例題で説明していきますね。

【例題】

二索二索三索三索四索四索四索五索五索五索六索七索八索

 

まずはじめにわかりやすく左からメンツを2個はずしてみます。

 

【外したメンツ】

二索二索三索三索四索四索

【残った牌】

四索五索五索五索六索七索八索

 

残った牌を見て何か気づきましたか?

 

それでは次の手順へいきましょう!

 

STEP2:7枚形をあてはめる

 

メンツを2つ抜き取った7枚形に、紹介した7枚形で当てはまるものがないか洗い出しましょう。

 

さきほどの例題に戻りましょう。

 

【残った牌】

四索五索五索五索六索七索八索

 

この7枚形を紹介した7枚方に当てはめると4面待ちで紹介した5連形の1つ内側がアンコと同じですね。

その結果、待ち牌三索四索六索九索が確定しました。

 

確定した待ちを覚えたまま次の手順へいきましょう。

 

 

STEP3:STEP1とSTEP2を繰り返す

 

いま紹介した手順を、違うメンツを抜き取って繰り返しましょう。

 

【例題】

二索二索三索三索四索四索四索五索五索五索六索七索八索

 

では次は左右から抜き取ってみましょう。

 

【抜き取ったメンツ】

二索三索四索六索七索八索

【残った牌】

二索三索四索四索五索五索五索

 

また7枚形に当てはめると4連形の端からアンコトイツの多面張ですね!

 

次は一索三索四索六索が確定しました。

 

 

さきほど確定した待ちが三索四索六索九索なので、一索が待ちだということが新たにわかりましたね!

 

 

では次は後ろからメンツを抜いてみましょう。

 

【例題】

二索二索三索三索四索四索四索五索五索五索六索七索八索

 

【抜き取ったメンツ】

五索五索五索六索七索八索

【残った牌】

二索二索三索三索四索四索四索

 

そうですね!この7枚形は4面待ちで紹介したシュンツの端からアンコトイツトイツの形です

待ち牌は一索二索三索四索なので新たに二索が待ちだということがわかりました。

 

 

以上の結果一索二索三索四索六索九索待ちとなるわけです。

 

難しそうに思えるかもしれませんが、7枚形を覚えていれば、ササッと待ちが見えてくるようになりますよ!
先生

 

STEP4:注意点

 

最後にこの手順の注意点を紹介します。

それは、メンツを2つ抜く時に7枚形の繋がりを切ってはいけません

 

例えば下記のような例です。

 

【例題】

二索二索三索三索四索四索四索五索五索五索六索七索八索

 

【抜き取ったメンツ】

四索四索四索五索五索五索

【残った牌】

二索二索三索三索六索七索八索

 

上記のように抜き取ってしまうと、7枚形多面張が成立しなくなってしまうので気を付けましょう。

 

それと当然ではありますが、抜き取った7枚形が今回紹介した7枚形に当てはまらなくても、テンパイ形であれば待ちは成立するのでしっかり確認しましょう

 

 

まとめ:多面張は7枚形を利用して解くことができる!

できる

 

今回は多面張の解き方について解説しました。

 

麻雀の初心者は必ずぶつかる壁だと思います。

しかし一度覚えると、とても簡単です。

 

それだけではなく、手順を進める中でも〇〇をツモれば5面待ちだからこの形は固定しようなど、手順としても有効です。

 

これを機に7枚形をしっかり覚えて雀士としてのレベルアップをしましょう

 

今回は以上です。

 

ちなみに簡単に麻雀が上手くなる方法については下記の記事で紹介していますよ。

勉強
自然に麻雀の知識や経験が身に付いて上手くなる方法【誰でもできる】

続きを見る

-麻雀
-, , , ,

© 2022 kadoblog